クレジットカード審査ラボ

クレジットカード審査落ちで悩まないためのクレジットカードメディア

クレジットカード審査対策

無職・非正社員のクレジットカード申し込み時の審査

   

無職ながらも、自宅でネットオークションなどを活用して収入を得ている自営業はクレジットカード審査に通る?

クレジットカードは便利であるため、発行したい人も多くいます。

そんな中、自宅でネットオークションなどで稼ぎはあるものの無職の人の場合、審査は通るのかどうかです。この場合、必ずではないが通ります。ただし同じ年収でも正社員のほうが通りやすくなっています。

会社のほうから見ればいかにちゃんと支払ってくれるかにかかっているので、安定した収入があるのを証明したり、または銀行口座にある程度のたくわえがあるのを説明できれば、決して無理ではありません。しかし企業側がどう判断するかなので、そこは落ち着いて待つ必要があります。

休業補償中は実質無職と判断され、基本的には審査は通らない

仕事に励んではいたものの、何らかのトラブル等が発生し、休業補償期間に入らなければならなくなった場合、不都合も生じます。

この場合会社にはもちろん属していますがこの休職中には実質仕事を行っていないため無職扱いとされてしまします。そのためクレジットカードの審査も通りません。休職期間中はきちんと支払える能力がないと判断されるからです。

実質的に無職の状態が続けば続くほど自分に対するサービスも受けられなくなってきます。そのため早期に復職することと、同じ目に合わないためにできるだけ休業補償の期間に入ってしまわないことが必要になります。

失業者は基本的にはクレジットカードの発行はできません

クレジットカードを発行する際には、どんな場合であっても必ず審査があり、それが通ってはじめてカードが発行されます。職業や年収など返済がしっかりできるかどうかを確認するためです。また職場への在籍確認もあります。失業者の場合は無職ということになるので、返済が難しいということで基本的に通らないということになります。よってカードの発行ができないということになります。

ただし、失業中であってもアルバイトしていたり定期的に収入があると判断された場合には、返済ができると見なされるので通ることもあり、そういった場合はカードが発行されます。

現在無職で無収入ではあるものの、カードを作りたいあなたが出来る3つの申込み方法

無職、無収入の人は、クレジットカードの審査に普通は通りません。しかし、下記の3つの方法を使えば、審査通過の可能性があります。

配偶者もしくは、同居の親に安定した収入があれば、その時の担当者の対応にもよりますが、通りやすくなります。資格があるので求職中だと伝えると更にいいでしょう。住宅ローンの無い自宅を保有していることも有利な条件です。

ネットオークションを利用している人でしたら、個人事業主として申告することも出来ます。

最初は最低の限度額での契約でしょうが、支払いが滞らなければ、数ヵ月後には増額できる可能性があります。

 - クレジットカード審査の基準と審査落ち対策

  関連記事

Page Top