クレジットカード審査ラボ

クレジットカード審査落ちで悩まないためのクレジットカードメディア

クレジットカード審査対策

主婦で配偶者に安定収入のある方・年金生活者の方はクレジットカードの審査に通る?

   

一般的には主婦の方や年金生活をしている方はクレジットカードの審査を通過し利用する事は出来ないと言われています。

しかし、アルバイトやパートで一定の安定した収入がある方は申し込みをする事で利用する事が出来る事もあります。ただし、一般的な正社員の方と比較すると利用上限額が低く設定されてしまう等の制限もあります。

また、金融機関によっては収入の少ない方や収入がない方のための専用のプランを用意している金融機関もあります。中には配偶者の方に一定の収入があり、配偶者の方の承諾があれば利用する事が出来るプラン等を用意してある場合もあります。

返済能力は一家全体で見ますので夫の年収と合算して申込時に記入しましょう

今、ほとんどの人がクレジットカードを持つ時代です。カードもさまざまでポイント制度もありますから、いろいろな種類のカードを持っている人も少なくありません。

多くのカードを発行している人や、借り入れがある人はもう新たなカードは発行できないだろう、と思うかもしれません。しかし、そんな心配は必要ありません。パートで収入が少ないから審査が通るか心配、と言う人、信用が低いと判断されそうな人は、申込時に夫の年収も合算して記入することが必要です。返済能力というのは、その家一家全体で見ますから、世帯としての収入が基準を満たしていれば問題ないのです。

ご主人の信用で、クレジットカードを作る

専業主婦をしていると、クレジットカードの審査が通らないと思っている方がいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

ご主人がキチンと仕事をしていれば専業主婦の人でもクレジットを作ることが出来るのです。ですから、年収などを世帯年収として記入すれば良いだけなのです。最近のカードはポイントがたくさん入ったり、特典がいろいろと付いているカードがありますから、自分の生活の中で使用頻度の高いお店などでカードをつくっておけば、ポイントが貯めやすくてお勧めです。現在はいろいろなカードが出来ていますから、探してみると良いですよ。

専業主婦でも作れる年会費無料のクレジットカード

専業主婦はかつては本人に定期的な収入が無いことを理由に、クレジットカードの審査が通らないことがありました。しかし現在では、配偶者に収入があればカードの作成が可能になるケースが一般的です。

年会費が無料であることが大きな特徴なので、金銭的な負担をかけずにカードを所有することが可能になっています。また、カードがあれば急な出費にも対応できるので、社会生活を営む人には不可欠な道具になっています。

申し込みを行う際は配偶者の勤続年数や収入などを正確に記載したうえで、誤字や脱字、記入漏れなどの不備が無いように注意することが大切です。

 - クレジットカード審査の基準と審査落ち対策

  関連記事

Page Top