クレジットカード審査ラボ

クレジットカード審査落ちで悩まないためのクレジットカードメディア

クレジットカード審査対策

無職・フリーターがクレジットカードの審査を通過する、3つの方法

   

クレジットカードの審査結果は職業、年収、勤続年数などで決まります

クレジットカードを申し込むとカード会社の判断を受けることになりますが、審査結果は年齢、職業、職種、会社の規模、年収、勤続年数、家族構成、居住形態などで変わってきます。中でも安定した収入があり、返済能力がしっかりしているかが一番重要です。

社会的にステータスの高い職種、公務員、一流企業などに、出来るだけ長いこと勤めて、給料が上がっている方が有利となります。

本人ではなく、同居している親に安定した収入があっても有利となります。カード会社としては、返済してもらえるかどうかが大事なところですので、家族であれば、配偶者でも大丈夫です。

どこでもいいから派遣会社に登録することで派遣社員としてクレカの申し込みは可能

クレジットカードは作成する時に審査がありますが、無職やアルバイトの人は正社員の人に比べるとやはり通りにくいのが現状です。お金の絡む書類チェックや申し込みはやはり厳しいのが現状です。

しかし、カードを作るのを諦めてしまうのではなく、派遣会社に登録して、一定収入を得られる状況を作る事で、カードの審査通過率は上がるのです。通らないと悩んでいる場合は派遣社員としてクレカの申し込みを行ってみるのもひとつの手段です。

カードを作成する以上は信用されることが一番大切なので、派遣社員としてカードを作成しましょう。その時も書類には偽りの情報を記載する事無く、正直に情報を記入することが重要となります。

審査が心配で、すぐにカードが必要なら、最短で30分審査、即日発行が可能なカードも

通常クレジットカードの発行には、最短で1週間、長くて1ヶ月くらいを要しますが、カードによっては手続きの当日にカードを受け取ることが可能で、すぐに欲しいという方には大変便利なカードがあります。

年会費無料で、自動契約機や店頭窓口にて申し込みが出来ます。インターネットで事前申し込みを済ませておけば手続きの時間がより短縮されます。

発行スピードが早いことで審査結果が出るまでの精神的な不安が軽減されます。

また、利用明細をATMや店頭窓口で受け取れるので、自宅に郵送される心配がなくプライバシー面でも安心です。

 - クレジットカード審査の基準と審査落ち対策

  関連記事

Page Top